倉鉢徹のページ
 

2013年03月31日

新書「中国の情報機関」


>「中国軍の本当の実力」ハニートラップの懸念を書いた「笹川財団による自衛隊と人民解放軍の交流」だったが、新書新書「中国の情報機関」によれば「2012年10月で交流終了を中共側から連絡してきたの終わった」とのこと。

続きを読む
posted by kurapat at 16:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本企業メタンハイドレード採取に成功


■マスコミがレアアース泥採取の困難性を強調していることに関係なく、政府関連事業団の委託を受けた日本企業が海底のメタンハイドレードの採取に成功。
「安全に採掘できるか?」などという揶揄の声を載せる中共系通信社。

続きを読む
posted by kurapat at 15:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニュータウンの上空のライノ3/25


3/1ごろの強風下を比較的低空で飛ぶのは納得できなくもなかったが、3/25は雨天で低く垂れ込めた雲のさらに下を飛び南西の厚木基地を目指すF/A-18E/F(ライノ)。
これも着陸脚を出したままの飛行だから、厚木基地を周回せず直接アプローチする気か?と思わせる飛行だった。
続きを読む
posted by kurapat at 14:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月17日

彷徨える艦隊8


■前巻「彷徨える艦隊7」から1年強を経て8巻目が刊行された「彷徨える艦隊8」。
続きを読む
posted by kurapat at 18:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本で活動する民間軍事会社


■3/8金曜日のニュータウン上空に轟音が響いたと思ったら、ライノではなく、退役で日本の空から消えたはずのプラウラーの2機編隊だった。

「GO NAVY」の掲示板を参照して出てきた部隊名を検索したら、「岩国基地展開中の海兵隊のプラウラー」と判明。

海軍を引退した機材でも、海兵隊はまだ運用していたのか。
予算規模が違うからなぁ。

■古い機材といえば、厚木基地に滞在する演習用対抗機材らしい「ホーカー・ハンター」を思い出す。プラウラーなんて当の昔に日本の空から消えたもんだから、ライノでない機材=ホーカー・ハンターなどと3/8は勘違いしてしまった。

運用するのは、日本で活動する民間軍事会社。とはいっても米国企業。
ググって見ると2007年ごろには既に厚着基地にいたようだから、既に活動期間は6年近くになるようだ。
因みにニュータウンの空を飛ぶハンターを未だ見かけたことはない。

民間軍事会社の名は「ATAC」
米空海軍の演習の対抗機役を請け負っている会社。
間違ってもトリガーハピーの退役兵がドンパチやらかす企業ではない。そういったPMCはかなり淘汰されたはず。


「ホーカー・ハンター-Wikipedia」
「ATAC (企業)-Wikipedia」

「ホーカー・ハンター-Wikipedia」



倉鉢徹のページトップ

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン


ランキングはこちらをクリック!
BARバッチ by Ad-butterfly



posted by kurapat at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月03日

南鳥島沖のレアアース泥


■JAMSTECなど文部科学省や経済産業省傘下の団体がマンガン塊の調査採掘という旧来の方針から転換できるか?あやしかった海底資源調査採掘。

続きを読む
posted by kurapat at 15:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月02日

あえぐライノF/A-18EorF


■3/1午後、春一番が荒れ狂う中、ニュータウンに轟くジェットエンジン音

上空を見上げるとF/A-18EかF/A-18Fが単機、脚を出してのろのろと厚木基地を目指して南西へ飛ぶ最中だった。

機体に問題があるのか?実にゆっくりと春一番の強風に負けているンじゃなかろうか?と思えるぐらいに頼りない飛び方だった。脚を出しての飛行なんて、何年か前に関東圏の飛行場を緊急着陸候補地として調査しているのではないかと噂された時期の二機編隊飛行ぐらいしか記憶にない。

強風でピトー管経由の機体速度と実際の対地速度が異なっているんじゃなかろうか?などと邪推。

「F/A-18E/F (航空機)」



倉鉢徹のページトップ

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン


ランキングはこちらをクリック!
BARバッチ by Ad-butterfly



posted by kurapat at 20:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
フィードメーター - 倉鉢徹のページ
アスピリンぜん息

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。