倉鉢徹のページ: ビジネスホン「RACSIA」
 

2008年06月20日

ビジネスホン「RACSIA」

■以前内線電話をPHSに換えた部署へ電話をしたことがある。本人が外出あるいは帰宅すると呼び出し音がむなしく鳴るだけ。固定内線電話へかけなおしても「判る人が誰もいないから、回答できません」との返事だった。

これは外線への自動転送機能を有しないことの弊害だった。

■NTTのRACSIAならばFMCを用いて内線と外線をシームレスにつないでくれるビジネスホンとして、簡単に相手に連絡がつけられるからかつての問題を解決できると期待してしまう。



トップページ
posted by kurapat at 09:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 使用感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
フィードメーター - 倉鉢徹のページ
アスピリンぜん息
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。