倉鉢徹のページ: 馬英九政権の危なっかしさ
 

2008年09月01日

馬英九政権の危なっかしさ

「【優先席から】評論家・金美齢」で中共側の浸透を受け中共よりに傾く国民党の危うさが話題にされたが、

かつて政争の道具として軍備更新を阻んだ国民党について、

【一筆多論】山本勲 馬英九政権の危なっかしさ

という記事もあったんだな。馬英九政権の中共接近に却って米国側が兵器売却を躊躇い始めたとか。

尖閣諸島問題で中共と台湾の間に先に了解がなされ、それから遊漁船の領海侵犯があったのではないか、と疑いを持ちたくもなる。


トップページ


posted by kurapat at 09:04| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
フィードメーター - 倉鉢徹のページ
アスピリンぜん息
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。