倉鉢徹のページ: ちくま学芸文庫-陶淵明伝-
 

2008年10月11日

ちくま学芸文庫-陶淵明伝-

「中国名将列伝」の紹介で中国の南北朝時代について触れたが、陶淵明はただの田園詩人か?という考察本が「陶淵明伝」だ。

単純に隠棲したのではなく、劉裕の台頭と簒奪による南北朝の南朝東晋の滅亡の時代を政治的に泳ぎ渡る行為としての隠棲であったという考察。

「陶淵明伝」吉川 幸次郎、ちくま学芸文庫
陶淵明伝 (ちくま学芸文庫 ヨ 3-7)
筑摩書房
2008-08-06

トップページ
posted by kurapat at 08:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 東アジア史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
フィードメーター - 倉鉢徹のページ
アスピリンぜん息
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。