倉鉢徹のページ: 中国で四千数百年前の玉器発見、文字の起源探る
 

2008年12月17日

中国で四千数百年前の玉器発見、文字の起源探る

「広葉樹林文化」の流れに属するか接点があるらしい長江文明の痕跡において文字はいまだ見つかっていないというが、

「中国で四千数百年前の玉器発見、文字の起源探る」

ここで見つかった記号が文字になるのかどうか?そして文字だとして漢字につながるものかどうか?いろいろと不明。


トップページ


posted by kurapat at 09:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東アジア史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
フィードメーター - 倉鉢徹のページ
アスピリンぜん息
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。