倉鉢徹のページ: ムスタン王国
 

2008年12月22日

ムスタン王国

インドのチベット仏教地帯を以前挙げたが、他のヒマラヤのチベット仏教圏といえば、先に書いたインド北西部の「ラダック-Wikipedia」のほかに、ネパールの一部や旧シッキム王国(現インド領シッキム州)・ブータン王国がある。

このうちネパール内部には現国王在位中だけ存続が許されている自治領の王国がある。

「ムスタン王国-Wikipedia」

ここの名は漠然とかつてのNHKヤラセ問題でかすかに覚えていた。

「やらせ-Wikipedia」

NHKのムスタン取材でヤラセ行為があったことを挙げているものの、記事中にヤラセの内容の記述はない。
スタッフに高山病のふりをさせたことを私は覚えている。


トップページ


posted by kurapat at 07:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
フィードメーター - 倉鉢徹のページ
アスピリンぜん息
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。