倉鉢徹のページ: オセアニック号迷走?
 

2009年07月19日

オセアニック号迷走?

オセアニック号はベネズエラを離れたものの、

「■<アメリカ→ベネズエラ>に再び挑む、危険な水漏れの船旅」
7/15のコメントに書き込まれていた「オセアニック号の不安」

今度はパナマ運河を通過して太平洋側へ出た後、港で沖どまりしてしまったとか。
次から次へとトラブル発生は老朽船故か?
遅れても情報開示しないピースボート/ジャパングレース。今時こんなことで人命を預かる旅行業を行えるものなのだろうか?

老朽船を運用しつつ、ツアーの間隔が狭いがゆえに乗客が降りてからまともに整備する暇が次のツアーまでにあるのかどうか?疑われている始末。

■何度も書いているが、日本の客船ツアーが高いから比較して安いピースボートの事業は成り立っている。
日本船よりも安価な海外の客船が日本人にきちんと対応して再度日本市場に参入してしまったならば、立ち行かなくなる可能性が高い程度の事業がピースボート。


「2008-2009年版 さあ、夢のクルーズへ(DVD付き) 」駱駝, サライ、SJ MOOK
2008-2009年版 さあ、夢のクルーズへ(DVD付き) (SJ MOOK)
小学館
2008-04-17

《「豪華客船」の旅 2007―こんなに安くて楽しい!世界の「クルーズ旅行」》双葉社スーパームック
「豪華客船」の旅 2007―こんなに安くて楽しい!世界の「クルーズ旅行」 (双葉社スーパームック)
双葉社
2007-07

「104日間世界一周クルーズ!―夫婦で楽しむ豪華客船旅日記」植月秀子、ラピュータ
104日間世界一周クルーズ!―夫婦で楽しむ豪華客船旅日記
ラピュータ
2009-03

倉鉢徹のページトップ

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


posted by kurapat at 13:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
フィードメーター - 倉鉢徹のページ
アスピリンぜん息
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。