倉鉢徹のページ: 転封-近世武士団への疑問
 

2009年08月04日

転封-近世武士団への疑問

旗本・御家人と禄には参考になる情報がネット上にあるが、

疑問なのは大名の転封。領地替えの際、大名のすべての家臣が移動したのだろうか?

関が原直後の減封・国替えでは帰農して庄屋・名主化したものがあったのは確か。

いわゆる外様大名の例だ。

問題になるのが江戸時代も下ってからの転封。
領地替えされるのは主に譜代大名家。かれらの転封は似たような規模の領地の入れ換えならば全家臣を養えるからすべての家臣が移動しても当然な気がする。

懲罰的に減封された田沼家のような場合、召し放ちという解雇が行われたような気がするのだが、どうだったのだろうか?


「転封-Wikipedia」
「郷士-Wikipedia」

「参勤交代」山本博文、講談社現代新書
参勤交代 (講談社現代新書)山本 博文
講談社
1998-03

倉鉢徹のページトップ

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン
posted by kurapat at 11:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
フィードメーター - 倉鉢徹のページ
アスピリンぜん息
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。