倉鉢徹のページ: 文庫-信長は本当に天才だったのか
 

2009年08月30日

文庫-信長は本当に天才だったのか

■以前内容を紹介した「信長は本当に天才だったのか」が文庫化

ビジネス書が礼賛するよな天才ではなく、幾度となく苦境に陥ってはいるが、同じ失敗を繰り返してはいない。

本当にダメならば父信秀の死後、後継候補として早くに実弟信行に負けていたはず。

藤本氏辺りの評価のである「戦術家ではなく、戦略家だった」というのが適当なところだろう。


「信長は本当に天才だったのか」工藤 健策、河出文庫、河出書房新社(2009-08-04)
信長は本当に天才だったのか (河出文庫)工藤 健策
河出書房新社
2009-08-04

「信長は本当に天才だったのか」工藤 健策、草思社(2007-08-24)
信長は本当に天才だったのか工藤 健策
草思社
2007-08-24


倉鉢徹のページトップ

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン


posted by kurapat at 07:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
フィードメーター - 倉鉢徹のページ
アスピリンぜん息
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。