倉鉢徹のページ: 新書-信長の天下所司代
 

2009年12月13日

新書-信長の天下所司代


谷口「信長シリーズ」の新刊「信長の天下所司代」が出た。

村井貞勝という吏僚の足跡を京の公家の日記などの記録から追いかけて、その能吏振りを紹介する本が「信長の天下所司代」だ。

村井貞勝ひとりに絞り込んで松井友閑武井夕庵などの同僚である信長属僚の存在については名のみ上げるに留まっている。

信長の文官というテーマの材料としては、村井貞勝ぐらいしか資料が集まらなかったということだろうか?
信長の文官をまとめて1冊にした本を誰かに期待したいものだ。


「村井貞勝-Wikipedia」
「松井友閑-Wikipedia」
「武井夕庵-Wikipedia」
「京都所司代-Wikipedia」



倉鉢徹のページトップ

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン


ランキングはこちらをクリック!
BARバッチ by Ad-butterfly




posted by kurapat at 15:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
フィードメーター - 倉鉢徹のページ
アスピリンぜん息
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。