倉鉢徹のページ: 沖縄に第15旅団新編成
 

2010年04月13日

沖縄に第15旅団新編成


■ちと旧聞に成りかけだが、フットワークの軽いヒゲの隊長ブログ
「第15旅団(沖縄)の新編等行事に参加しました」'10/03/27
というように、沖縄の第15旅団旅団旗授与式に参加した模様を伝えている。

北大路機関も
「第15旅団那覇駐屯地に新編 南西諸島の防衛警備能力を強化!」
として紹介。

中共への国境は守るというサインになるという佐藤氏の評価。

もしも台湾有事になった場合、中共が米軍介入をけん制するためや航空基地確保のため沖縄の島々のいずれかを一時的に保障占領する可能性は否定できない。

故にこそ抑止力としての、戦力が沖縄にも存在することが必要となる。

「沖縄を狙う中国の野心」と称して「尖閣諸島」に話を絞ってしまったジャーナリストもいて、領土問題への関心は微妙であるというか、海が国境であることと通り道であって、壁にはならないことが一般に浸透しているとは言いがたい。


weblio辞書:
「ほしょう-せんりょう ―しやう―りやう 4 【保障占領】」
休戦条件・降伏条件・講和条件の確保など、一定条件の履行を相手国に間接的に強制するため、領域の一部などを占領すること。

  • 日暮 高則
  • 発売日 : 2006/12
  • 出版社/メーカー : 祥伝社
  • おすすめ度 : (1 review)
    4歴史的な背景や国際的なルールを理解する


倉鉢徹のページトップ

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン


ランキングはこちらをクリック!
BARバッチ by Ad-butterfly



posted by kurapat at 13:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
フィードメーター - 倉鉢徹のページ
アスピリンぜん息
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。