倉鉢徹のページ: SF-色褪せた太陽三部作
 

2010年05月16日

SF-色褪せた太陽三部作


■C.J.チェリィの「ケスリス」「ションジル」「クタス」の「色褪せた太陽三部作」は非人類ヒューマノイドをメインに据えたSF。

表紙絵はイスラムをモチーフにしたアラビア風。異文化のイメージの絵がイスラム圏なのがなんとも。

人類と戦う敵エイリアンのレグル族の主な戦力はヒューマノイドの傭兵ムリ族だった。
契約者の無謀な要求故に無駄に人口を減らすムリ族。

生き残った二人のムリ族の兄妹と人類一名(戦略将校ダンカン)はムリの母星を求めて小型船でオートパイロットに身をゆだねて旅立つ。彼らの後ろに何者が控えているかも知らないままに。

ムリ族が精強な兵士種族である理由はあるゲームによるらしい。
ムリ族のゲームはサークルを組み、白刃のナイフを投げて手でつかみ取ることを複数名で繰り返す。
幼いころは刃のないナイフでゲームを始め、次期に刃のあるナイフをやり取りする大人のゲームに参加する。
ゲームがムリを戦士として育てる。

下記ブログが表紙絵を掲載している。
《「色褪せた太陽」 C・J・チェリイ》








倉鉢徹のページトップ

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン


ランキングはこちらをクリック!
BARバッチ by Ad-butterfly



posted by kurapat at 18:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/150081449
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
フィードメーター - 倉鉢徹のページ
アスピリンぜん息
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。