倉鉢徹のページ: 薩摩兵児の肝試し
 

2010年05月17日

薩摩兵児の肝試し


ムリ族のナイフゲームの白刃取りは、若き薩摩兵児(さつまへこ)の死因のひとつだった肝試しを思い出させる。

薩摩兵児たちは二才(にせ)呼ばれる若衆の集まり(郷中)で火縄に火のついた鉄砲を吊るして水平にぐるぐる廻す肝試しをおこなったという。
鉄砲が火を噴きそうになっても銃口をよけたらいけないとされ、意地を張って銃創で死亡した例が後を絶たなかったといわれる。

これで死ななかった度胸がいいのかバカなのか分からない連中が戊辰戦争の担い手となってポックリポックリ死んでいったわけだ。
無駄に薩摩兵児を減らしたとみるべきか、銃火に恐れることなく突撃する薩摩武士の他藩に見ない野蛮さが突出させていると見るべきか微妙な肝試し。

この辺の銃と薩摩兵児の関係は、東郷隆の「狙うて候」にも出ていたはず。

公衆の面前で女に気を取られるような同輩を叩き斬っても誰も問題にしなかったとされる話もあるが、これを素直に信じていいものやら?
「論を言うな!(つべこべ理屈を言うな!)」とキレ易い直情型の薩摩兵児とか言う話もあり、どうも消耗品的に突撃要員にしつらえられた薩摩の下級武士群と思えてならない。
それゆえに、西南戦争が発生するのは当然だったかもしれない。徴兵制の時代に直情的で統率に乱れのある兵は不要であるとばかりに。


  • 東郷 隆
  • 発売日 : 2003/09
  • 出版社/メーカー : 実業之日本社
  • おすすめ度 : (3 reviews)
    5若き日本を引っ張る村田経芳
    53つの時代を駆け抜けた銃豪波乱の一代記
    5銃器という観点から見た明治維新



倉鉢徹のページトップ

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン


ランキングはこちらをクリック!
BARバッチ by Ad-butterfly



posted by kurapat at 07:01| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「論を言うな」ではなくて、「議を言うな」だよ。
現在の鹿児島では「議を言うな」は負け犬の遠吠えと同じ扱いになってるけどね。
Posted by at 2011年12月09日 19:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/150139197
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
フィードメーター - 倉鉢徹のページ
アスピリンぜん息
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。