倉鉢徹のページ: 止まらない中共(中国)進出リスク
 

2010年06月24日

止まらない中共(中国)進出リスク


トヨタ天津工場操業停止に留まらない中国のトヨタ工場の操業停止。

「トヨタ広州工場も操業停止=中国のスト、ホンダに波及も」6月22日21時0分配信 時事通信
「トヨタ広州工場も操業停止=中国のスト、ホンダに波及も」(2010/06/22-19:55)

元はホンダ系列でストが発生したのだから、ホンダに波及とは妙な表現。

「トヨタ中国・広州工場が操業停止、デンソーのストで」2010年 6月 22日 18:24 JST

トヨタの工場が止まった原因は、デンソー工場のストライキ。
部品メーカーの賃上げ交渉が、部品在庫を嫌うトヨタのカンバン方式を混乱させる。

賃上げ要求とストライキの今後だが、そのうち山猫ストを起こされる可能性はないのだろうか?
製品品質のチェックはこまめに行わないと不良品を出荷する可能性だってありうる。

「【現地記者に聞く】中国の労働争議が急増する背景」2010年 6月 21日 20:31 JST

中共に進出したホンダの対応がまずくて、日本企業を狙い撃ちにした賃上げラッシュとストライキが続出する可能性が高まったという趣旨の記事。

■また人民元切り上げを受けて、為替レートによって対米輸出のメリットが減ったことから、

《「世界の工場・中国」の終わり 早くも「バングラデシュ詣で」》2010/6/22 18:59

「世界のアパレルが“バングラ詣で” ユニクロ進出で脱・中国加速」2010.6.17 18:22

軽工業である衣料産業はさっさと人件費がさらに安いバングラデシュなどに切り替えを進行中。

「中国:バングラデシュ4721品目に対しゼロ関税待遇」(06/11 17:25)

対インド包囲網として中国(中共)によるバングラデシュ囲い込みが進行している。逆に言えば、関税免除品はバングラデシュで生産して中国へ輸出しても割に合うことになる。
問題は、バングラデシュの電力供給などのインフラが不十分なこと。


  • 門倉 貴史
  • 発売日 : 2010/04/16
  • 出版社/メーカー : 講談社
  • おすすめ度 : (3 reviews)
    4新しい情報が収録されています」
    4中国経済の今とこれから、そして問題点も教えてくれる
    5興味深い内容満載だが入門レベルではない



倉鉢徹のページトップ

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン


ランキングはこちらをクリック!
BARバッチ by Ad-butterfly



posted by kurapat at 02:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/154272097
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
フィードメーター - 倉鉢徹のページ
アスピリンぜん息
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。