倉鉢徹のページ: 彷徨える艦隊7 戦艦ドレッドノート
 

2012年01月28日

彷徨える艦隊7 戦艦ドレッドノート


■シンディック屈服後の対異星人行動をメインにするはずの彷徨える艦隊の第7巻目「彷徨える艦隊7 戦艦ドレッドノート」が出た。

読み始めてから三分の一は快調に読めた。なぜかといえば「あの女」が登場しないから。
「あの女」登場後から話の進みが微妙に遅くなる。

■しかし、本格的に戦後対策として、アライアンス内に既存の軍人排除の動きがあることが、あからさまになってきた。

新たな異星人を乗り越えてアライアンス内というか人類圏へいつ帰還できるのか?ギアリー提督の第1艦隊は。

そして曖昧に書かれている第2艦隊や隠れて建造中の新鋭艦がどう扱われるか?伏線はいろいろ撒かれている。




倉鉢徹のページトップ

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン


ランキングはこちらをクリック!
BARバッチ by Ad-butterfly



posted by kurapat at 22:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
フィードメーター - 倉鉢徹のページ
アスピリンぜん息
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。