倉鉢徹のページ: 長崎ストーカー殺人で千葉県警課長更迭
 

2012年04月07日

長崎ストーカー殺人で千葉県警課長更迭


■桶川ストーカー事件など不祥事や懲戒の件数は減少しつつあるとかつて報告された警察官の行動だが、相変わらず不祥事は続いている。

三県警間の連携がとられず、殺人事件に至った長崎ストーカー殺人は、その後の調査で千葉県警習志野署の不祥事を暴露されている。
サンケイ:
「習志野署の課長2人が異動 旅行問題で千葉県警」2012.4.6 19:19


一般市民の命を預かるにはあまりにもお粗末な千葉県警習志野署。
自分たちの都合を優先していて治安が守れるような羊のような市民ばかりの国ではない日本の現状。

■かつて習志野市に住んでいた頃、あまりにも狭い習志野署の管轄範囲に驚いて、私は「習志野市警」と勝手に呼んでいた。

かつて習志野署は京成大久保駅から歩いて行けるところにあり、狭い習志野市しか管轄してなくて狭い庁舎だった。不在中の郵便を受け取りに行った郵便局が近くにあった。その警察署の小ささに呆れ、カバーする人口も面積も少ないのだろうと一人で納得していた。

今は総武線沿線に庁舎があるようだ。公式ページでは管轄面積20平方キロ強とある。つまり1辺4Km強の平面を連想すればよい。
実家なんざ1辺十数Kmの田舎町3つを束ねて小さな警察署1つで切り廻している超過疎地帯。
それに比べて市民18万人とか面積20平方キロってその気なら十分にカバーできるのではなかろうか?






倉鉢徹のページトップ

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン


ランキングはこちらをクリック!
BARバッチ by Ad-butterfly



posted by kurapat at 17:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
フィードメーター - 倉鉢徹のページ
アスピリンぜん息
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。