倉鉢徹のページ: 東京都による尖閣諸島購入
 

2012年04月18日

東京都による尖閣諸島購入


尖閣諸島をめぐって新たな動きが4/17に出てきた。

産経:
《東京都が尖閣諸島購入へ ワシントンで石原知事が明言 「日本人が日本の国土を守る」》2012.4.17 04:58 (1/2ページ)[尖閣諸島問題]
【ワシントン=石元悠生】東京都の石原慎太郎知事は16日午後(日本時間17日未明)、ワシントン市内のシンクタンクで講演し、「日本人が日本の国土を守るため、東京都が尖閣諸島を購入することにした」と述べ、尖閣諸島の魚釣島、北小島、南小島を個人所有する地権者と交渉を開始したことを明らかにした。


やることは評価できても石原慎太郎という存在を肯定できない。単にポピュリズムによる人気取りパフォーマンスだろう。
石原慎太郎と尖閣諸島といえば、クルーザーに小銃を持ち込み、銃刀法で服役した西崎義展のクルーザーによる尖閣諸島上陸計画。
実際には西村信吾氏が漁船をチャーターし直し、石原慎太郎は上陸しなかったらしい。

時事通信:
「尖閣、国有化も検討=首相」
野田佳彦首相は18日午前の衆院予算委員会で、沖縄県の尖閣諸島のうち個人が所有している島を国が買い取る可能性を問われ、「尖閣がわが国固有の領土であることは国際法上も歴史的に見ても明々白々だ。所有者の真意も確認する中で、あらゆる検討をしたい」と述べ、国有化も選択肢に検討する考えを示した。自民党の中谷元氏への答弁。
 石原慎太郎東京知事が尖閣諸島のうち一部の買い取りを表明したことに関し、首相は「都知事の発言の真意は、これから情報を集めて冷静に判断していきたい」と語った。 (2012/04/18-12:37)
後出しジャンケンでどうとでも繕えると思ったのか?野田首相。
あまりにも見苦しい答弁。
地主代理人は「国は信用できない」と語っているらしいし。

尖閣諸島自身が抱える問題といえば、かつて灯台設置構想を抱いた右翼関連で放たれたヤギの問題があり、固有種のモグラなどの生態への影響が心配されている。

■尖閣諸島を自分らの領土だと言い出したのは台湾が先だったりするが、これらは「尖閣諸島周辺に石油が眠っている」というレポートが発端。
しかし、このレポート本当に正しいのだろうか?沖縄返還を目前にした米国の負の置き土産な気がしてならない。

「石油を巡って東アジアが緊張するだろう」という意図を込めてとか。

NEWポストセブン
「尖閣事件で中国 日本人がここまで愛国心あることを読み違えた」2012.04.17 07:00
SAPIO2012年4月25日号



倉鉢徹のページトップ

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン


ランキングはこちらをクリック!
BARバッチ by Ad-butterfly



posted by kurapat at 19:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
フィードメーター - 倉鉢徹のページ
アスピリンぜん息
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。