倉鉢徹のページ: 「海洋基本計画」見直しで事業前倒し
 

2012年06月13日

「海洋基本計画」見直しで事業前倒し


中共が悪あがきしようが国連委員会に認められた日本の大陸棚権益拡大だが、それに伴って具体的に何をするのか?

「『海洋基本計画』見直し」という見出しだけを以前にネットで見かけ、内容を確認していなかったので、調べなおしてみた。

日経新聞記事(ネットキャッシュデータ):
「政府、海洋基本計画見直し 海底資源探査のあり方など検討 」2012/5/24 18:55

5年毎の見直し結果を2013年3月までにまとめるというのが記事の趣旨。

TheリバティWeb(幸福の科学):
「「海洋基本計画」見直しで海底資源開発を国家戦略に」2012.06.07
メタンハイドレード採掘事業の前倒しが議論されたとか。2018年までに商業掘削の事業家を始めるとか。
「見直し」とは後退ではなく、更なる前進の意図らしい。今年(2012年)4月に認められた大陸棚海洋権益の拡大を踏まえて海洋鉱物資源の開発を目指すとかそういった話。

「沖ノ鳥島に港湾整備」と「南鳥島に港湾整備」は具体的に国の事業として動いているようだが、何をして経済活動と称するのか?
東京都が現実に行っている沖ノ鳥島周辺に人工漁礁設置による漁業振興は距離の壁的に黒字か?あやしい気がする。
東京都主催のシンポジウムで魚が供されるぐらいで、沖ノ鳥島周辺で獲れた魚が市場に出ているなどとは聞いたことがない。
結局は国が金を出して事業立ち上げまでを支援しなくては、沖ノ鳥島周辺での経済活動が割に合うようになるのは無理なのではないかと漠然と思う。

ブログ:にほんの島 クナシリ・エトロフ
「沖ノ鳥島の経済効果、中層浮魚礁で重要な魚場に変身中、」
このブログ記事によれば遠洋漁業であるカツオ漁に漁場としては活用されつつあるようだが、小笠原村の事業にはなりえないような感じ。
ブログ引用元の東京都のページは、
東京都島しょ農林水産総合センター:
「海洋島第64号 沖ノ鳥島の経済効果」

ここのレポートは、H19年設置の漁礁(バヤオ)の効果をH22年に調査したというもの。
H22年現在の経済効果は、カツオ遠洋漁業の基地港に及ぶものの、基地港は東京都にはないといったところ。
つまり東京都としての経済効果が沖ノ鳥島からは得られていない。東京都といいながら直接的には番地として書類上は管理していることになる小笠原村に及ぼす経済効果がないとも言える。

平成19年ごろといえば以前紹介した斎藤潤氏の東京の島の出たころ。
氏は現日本財団主宰の沖ノ鳥島訪問にフリーのライターとして参加した模様が書かれている。
沖縄発南大東島行きの船をチャーターして沖ノ鳥島まで到達。途中、海保の巡視船らしき船も沖ノ鳥島周辺海域にいたとか何とかいう話もあったはず。

■「海洋基本計画」「見直し」でググると2011年11月ごろ開催された「キヤノングローバル戦略研究所」主催のフォーラムの議論が見つかった。
安全保障の点からの海洋基本計画の問題点。

「本部機能が弱く、省益に結びつきが弱いと後回しにされる傾向がある」とか何とか。

キヤノングローバル戦略研究所
2011年11月18日(金) 10:00-17:30開催 場所:新丸ビル9F コンファレンススクエア901 (東京都千代田区丸の内1-5-1)
《第2回海洋立国研究会国際シンポジウム「排他的経済水域(EEZ)における安全保障と産業活動」》

「キヤノングローバル戦略研究所」って、研究所独自の戦略意図を打ち出す能力はあるのか?

企業の経営方針の逆らうこともなく、無難に迎合するか、会社事業非関連分野で適当にお茶を濁すレポートを出すだけではないのか?




倉鉢徹のページトップ

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン


ランキングはこちらをクリック!
BARバッチ by Ad-butterfly



posted by kurapat at 08:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/274827035
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
フィードメーター - 倉鉢徹のページ
アスピリンぜん息
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。