倉鉢徹のページ: 中共の米比分断工作?米国カッターの供与
 

2012年07月03日

中共の米比分断工作?米国カッターの供与


日本の巡視船供与などフィリピンの海上警察力アップに反発する中共かな?

米国からフィリピンへの巡視船供与も当然お気に召さないわけで。

Yahooニュース:
《フィリピンが米国から購入の巡視艇「装備はずされ役立たず」=中国》サーチナ 7月2日(月)14時52分配信
Livedoorニュース:
《フィリピンが米国から購入の巡視艇「装備はずされ役立たず」=中国》
サーチナ:
《フィリピンが米国から購入の巡視艇「装備はずされ役立たず」=中国》

2ちゃんねるすれ:
《【国際】フィリピンが米国から購入の巡視艇、中国が酷評「装備はずされ役立たず」》

米国から売却されたハミルトン級かターのスペックについてイチャモンをつけている。ただ米海軍艦艇に準じた装備から海洋監視業務に不必要な装備を撤去しただけの話だな。
米国装備について酷評すれば、フィリピン側の米国への信頼が揺らぐとでも考えているのだろうか?
巡視船を巡視艇とワンランク下げるかのようなニュースを流すのは意図的なものか?

レーダーを交換し、機関砲を乗せかえるぐらいは予想できるが、搭載ヘリをどうするんだ?金のないフィリピンはヘリを乗せることができるのだろうか?

何度も書いているが2010年のヒラリーのASEAN会議参加と声明による「責任あるステークホルダー」足りえない中国への失望とASEAN支援表明の結果がコーストガードカッターの売却に現れている。

今回売却された2席目のカッターもPF-16としてフィリピン海軍に籍を置くとWikipediaからは読めるが、本当に装なのか?

日本から巡視船艇を供与された場合、別にコーストガードを立ち上げる予定があるらしいが、こっちへ旗艦として横滑りする可能性はないのか?


「ハミルトン級カッター-Wikipedia」



倉鉢徹のページトップ

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン


ランキングはこちらをクリック!
BARバッチ by Ad-butterfly




posted by kurapat at 13:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
フィードメーター - 倉鉢徹のページ
アスピリンぜん息
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。