倉鉢徹のページ: 彷徨える艦隊8
 

2013年03月17日

彷徨える艦隊8


■前巻「彷徨える艦隊7」から1年強を経て8巻目が刊行された「彷徨える艦隊8」。
既に3週間前に読み終えた「彷徨える艦隊8」だが、「インビンシブル」たぁ「無敵」であって、「戦艦インヴィンシブル号」じゃぁない。英国巡洋戦艦「インヴィンシブル」のユトランド沖海戦での爆沈とか、あっけない最後を知る身からすると、まさに名前負けな艦名「インビンシブル」。

7巻目の終わりで辛くも逃れたはずの虎口。しかしながら、いとも簡単に逃れて反対側のジャンプポイントから次の星系へジャンプ。
妙に拍子抜けしてしまった(闘牛ってオチはねぇよ)。

スパイダー=ウルフ族との遭遇以降、なんか読むことが単純作業労働見たいに感じられて、些か退屈だった。

「インヴィンシブル (巡洋戦艦)-Wikipedia」
「インヴィンシブル級巡洋戦艦-Wikipedia」


■インヴィンシブルといえば、わたし的には「キャプテン・インヴィンシブル」なるギャグ的ヒーローが登場するオーストラリア映画「キャプテン・ザ・ヒーロー」であって、「軽空母インヴィンシブル」でもない。


href="http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%96%E3%83%AB_%28%E7%A9%BA%E6%AF%8D%29">「インヴィンシブル(空母)-Wikipedia」






倉鉢徹のページトップ

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へblogram投票ボタン


ランキングはこちらをクリック!
BARバッチ by Ad-butterfly



posted by kurapat at 18:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
フィードメーター - 倉鉢徹のページ
アスピリンぜん息
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。