倉鉢徹のページ: 「ディスカバリーチャネル空母建造」
 

2007年07月08日

「ディスカバリーチャネル空母建造」

■DVD「ディスカバリーチャネル空母建造」は米国海軍ニミッツ級空母「ロナルド・レーガン」の建造現場の作業の流れと「ハリー・S・トルーマン」就役前後の整備状況の2部構成。

東海岸ニューポート造船所で行われる建造作業。製鉄所でパーツとして作られた装甲板を溶接して組みたてられた船体ブロック、その組みたて・引き起こし回転作業は傷つけないため砂地の上で行われる。
完成したブロックは大型クレーンで引き上げられドックの内部へ運ばれる。運んでからの降ろす位置決めもクレーンオペレータの1cm単位のこまやかな作業。そして、船体ブロックの所定位置間近の作業監視担当がトランシーバーでクレーンオペレータに更に細かな指示を与える。

■「職人芸」というと日本人のお家芸であり、「けっ、毛唐なんざ!?」的侮蔑を口にしかねない人もいるかもしれないが、米国にも技を見せる職人はいるのが現実なのだということを見せてくれる。

「ディスカバリーチャネル 空母建造」角川書店
ディスカバリーチャンネル 空母建造
角川書店
2005-02-25

トップページ
posted by kurapat at 17:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
フィードメーター - 倉鉢徹のページ
アスピリンぜん息
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。