倉鉢徹のページ: 映画「薔薇の名前」
 

2007年07月11日

映画「薔薇の名前」

■映画「薔薇の名前」はウンベルト・エーコ原作「薔薇の名前」の映画化だが、原作の修道院内部を1週間単位で均等に描写する方向でなく、追求する謎の秘められた図書館を中心描いている。

そして特異なのは主人公のショーン・コネリーの演技を喰ってやろうとばかりに意気込む脇役俳優達。キャラクターが濃い連中ばかりだ。彼らの怪演技をきちんと堪能するべき。
非米国資本で作られた映画がハリウッド物と如何に違うかその雰囲気を体験できる。

■ついでに野郎ばかりで味気ないから、ちゃんとお色気シーンが盛り込まれている。原作にも「修道僧には許されざる罪」と回顧が描かれていることであり、ツケ足しではない。

DVD「薔薇の名前 特別版」
薔薇の名前 特別版ウンベルト・エーコ
ワーナー・ホーム・ビデオ
2006-07-14

トップページ
posted by kurapat at 01:49| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
フィードメーター - 倉鉢徹のページ
アスピリンぜん息
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。