倉鉢徹のページ: 調布 -鬼太郎の風景-
 

2007年07月14日

調布 -鬼太郎の風景-

二ヶ月ほど前の雑誌「散歩の達人」の表紙は3DCG化された「ネズミ男」。調布・府中特集の調布の目玉が水木しげるだった。
水木プロが調布にあるその縁で鬼太郎のラッピングバス「がんばれ!FC東京」が走り、北口通りには妖怪オブジェが置かれている。
そして、雑誌で妖怪オブジェのことを知ったのか、事件発生。北口の妖怪オブジェが壊された。雑誌が出た月に事件が起きたというのが、なんとも。わざわざ調布へ出かけて事件を起したんじゃないかと疑いたくなるぐらいの間合いだ。

また、KO線の車内広告で「水木しげるを調布へ訪問する荒俣宏」というのが昨年あり、何だ?と思ったら、2007年になって荒俣が出した遠山の金さんの頃の時代を舞台にした怪異小説の表紙は水木しげるの手によるものだった。

「ボサボサ頭の最上徳内」とあともうひとつ。徳内は話の冒頭、金四郎が少年の頃というサワリの絵に過ぎないんだけど。

トップページ
posted by kurapat at 09:39| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
フィードメーター - 倉鉢徹のページ
アスピリンぜん息
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。