倉鉢徹のページ: 電球型蛍光管の寿命-松下製品-
 

2007年08月29日

電球型蛍光管の寿命-松下製品-


購入1年半ぐらいで電球型蛍光管パルックボールが切れた。1日20時間ほど点灯していたものの、なんか以前より寿命が短い気がする。
それに切れかける兆候がなかった。以前ならば、点灯するまでの時間が延び、ヘタレかかっているというサインを出していたが、今回は気がついたら切れていた。連日の高温で熱が溜まり過ぎたのか?

松下電器のV字回復過程で、コストダウンのために試験環境条件が甘かったりしていないだろうか?

ここしばらくの松下の問題発生振りをみていると、蛍光管1本でも不信感が生じてくる。


トップページ
posted by kurapat at 17:07| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 使用感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
フィードメーター - 倉鉢徹のページ
アスピリンぜん息
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。