倉鉢徹のページ: 独創する日本の起業頭脳
 

2007年09月13日

独創する日本の起業頭脳

「ゆびとま」の事業が他社へ譲渡され、新経営陣の取締役社長の姓が高須賀で、サイボウズ創業者と同じ姓なので思い出した本が「独創する日本の起業頭脳」

「独創する日本の起業頭脳」はAmazonの書評で「上面を滑めただけ」と手厳しく書かれている。

■実際、サイボウズの高須賀氏の創業に触れても、何故サイボウズを退陣したかには触れていない。去る理由まで追及していないのが甘いといえる。高須賀氏退陣前、サイボウズは独自のクローズドなツールでいくか、オープンソースを活用するか、路線変更を検討していた。結局、オープンソース活用へ路線変更を決定。
高須賀氏の会長職就任が消えたのは、これよりもあとのことだった。

その後の高須賀宣氏についての最新情報ではLUNARR,Inc President&CEO という肩書きで米国で会社経営。
ひそかに開発していた新製品はこの秋に登場する予定とのこと。


ドリームゲート - 会社設立から独立開業までベンチャー企業・SOHO・起業家支援サイト

「独創する日本の起業頭脳」垂井康夫 (編集), 武田郁夫 (編集) 、集英社新書
独創する日本の起業頭脳 (集英社新書)垂井 康夫
集英社
2006-07

トップページ


posted by kurapat at 12:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
フィードメーター - 倉鉢徹のページ
アスピリンぜん息
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。