倉鉢徹のページ: 礼拝堂のスパコン
 

2007年09月14日

礼拝堂のスパコン


欧州のスパコン事情の記事を見つけたけれど、「礼拝堂に鎮座する欧州最強のスパコン『MareNostrum』」

IBM PowerPCを用いたこの欧州のスパコンは旧教会の建て物を利用。一番広い空間がある礼拝堂に空調付きの収容ブースを設置、内部にブレードラック構成のスパコンを配置。なんというか、古い建物を大切に使っていますというだけで、それ以上の情報を含んでいない記事だ。

欧州は独自のスパコン製作を諦め、スパコン向けソフト開発力で世界に存在感をアピールする戦略をとっているなどと伝え聞くが、それに該当する具体的な記事(日本語)に遭遇したことがない。

近そうなのは、最近六ヶ所村にスペイン人研究者一家が引っ越してきたというローカルニュースを見つけたぐらいだ。
この研究者はITER関連研究のため六ヶ所村に赴任したそうだが、果たして受け入れ側施設は万全なのだろうか?
約束と違うなどと揉めなければいいが。


トップページ


posted by kurapat at 05:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
フィードメーター - 倉鉢徹のページ
アスピリンぜん息
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。