倉鉢徹のページ: スイッチングHUB CG-SW05TXL 臨終
 

2007年10月06日

スイッチングHUB CG-SW05TXL 臨終

■家庭内LAN環境で、「LANケーブルが接続されていない」という警告文が頻出するようになり、変だと思っていたら、NAS(玄箱)にもつながらなくなった。
結線の関連を追いかけて、疑わしいのがHUBということでルーターのポートへNASをつなぎ直したら、NASは見事につながる。どうやらスイッチングHUB臨終が決定的となった。

■玄箱ブームに乗って設定したDebian3.0環境で3年間ノンストップ運用だったから、民生商品のスイッチングHUBとしては、寿命はこんなものか?

コレガの5ポートスイッチングハブCG-SW05TXL (10BASE-T/100BASE-TX)だったのだが。

代替品購入を考えて、ヨドバシカメラのWebページを見るとコレガとバッファローが同じに見える。まさか、OEMか?


トップページ
posted by kurapat at 12:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 使用感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
フィードメーター - 倉鉢徹のページ
アスピリンぜん息
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。