倉鉢徹のページ: 太陽光とマグネシウム
 

2007年10月06日

太陽光とマグネシウム

■日経サイエンスで「太陽光レーザーとマグネシウム」という記事が掲載された。
これは日経サイエンスのオリジナル記事か?
■太陽エネルギーを用いて、中東で浸透膜式淡水化プラントの廃棄物である高濃度海水からマグネシウムを作ろう、という提案。

■さらにマグネシウムの燃焼反応は激しいから水素よりも扱い易い熱源として用いることが可能だという、石油代替エネルギー源の提案。

■特許に絡むから詳細は書けないというこれは、記事か論文か?
「日経サイエンス」と「サイエンテフィックアメリカン」では提携誌といっても権威の裏付け力が異なるだろうからなぁ。

「温暖化議論のうろんさ」でとりあげた、太陽エネルギーのより積極的な活用法の提案でもある。
しかし、実験施設が北海道の千歳市にあるのだろう?協力企業か東工大と提携した大学の敷地か?


トップページ
posted by kurapat at 12:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
フィードメーター - 倉鉢徹のページ
アスピリンぜん息
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。