倉鉢徹のページ: ピクトさんの本
 

2007年10月08日

ピクトさんの本

■BNN新社必死だな、というか単発もので新書サイズの微妙な対象の企画本が「ピクトさんの本」
危険を明示する極度に記号化された標識群「ピクトグラム」のことを「ピクトさん」と著者は呼んでいる。

国際的に通じる意匠だとか。

著者はピクトを「被苦人」だとしている。頭をぶつけたり、転落したり、さんざんな目に遭っているから。

「ピクトグラム」Wikipedia

「日本ピクトさん学会」は「ピクトさんの本」の著者のWebページ。


「ピクトさんの本」内海慶一、ビー・エヌ・エヌ新社
ピクトさんの本
ビー・エヌ・エヌ新社
2007-04-20

トップページ国際的に通じる意匠だとか。

著者はピクトを「被苦人」だとしている。頭をぶつけたり、転落したり、さんざんな目に遭っているから。

「ピクトグラム」Wikipedia

「日本ピクトさん学会」は「ピクトさんの本」の著者のWebページ。


「ピクトさんの本」内海慶一、ビー・エヌ・エヌ新社


トップページ


posted by kurapat at 12:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
フィードメーター - 倉鉢徹のページ
アスピリンぜん息
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。