倉鉢徹のページ: SF-タフの方舟
 

2008年02月12日

SF-タフの方舟

■2005年にようやく翻訳されたジョージ.R.R.マーチンの1986年の作品が「タフの方舟」。著者はすでにホラー経由で架空中世小説に転進済みだ。

タフの方舟のジャンルは私の好きな「ロストテクノロジー」SF物。翻訳に際して、2分冊になったけどヒネりが効いてて面白い。全7話の中短編からなるが、惑星ス=ウスラムを舞台にしたシリーズ内3部作の最終話でもある第7話がとても重たい。

例えて言えば「13億の市場など幻想で、12億の貧乏人が豊かになれるほど地球の化石燃料資源はもたない」といったところか。


「タフの方舟1 禍つ星」ジョージ・R.R. マーティン 、ハヤカワ文庫SF
タフの方舟1 禍つ星 ハヤカワ文庫SFGeorge R.R. Martin
早川書房
2005-04-21


「タフの方舟2 天の果実」ジョージ・R.R. マーティン 、ハヤカワ文庫SF
タフの方舟 2天の果実 (ハヤカワ文庫SF)酒井 昭伸
早川書房
2005-05-25

トップページ


posted by kurapat at 12:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 スペ
Excerpt:  1990年日本のバブル経済が崩壊したのは、当時の大蔵省のいわゆる「総量規制」の政策が引き金であり、しかもそれはアメリカの意をくんだ大蔵省事務次官以下一部の官僚が日本の国益を損なうことを承知の上の、利..
Weblog: SFがたくさんあります
Tracked: 2008-02-15 02:35
フィードメーター - 倉鉢徹のページ
アスピリンぜん息
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。