倉鉢徹のページ: 故障したスパイ衛星をMD用ミサイルで破壊
 

2008年02月21日

故障したスパイ衛星をMD用ミサイルで破壊

■姿勢制御できなくなったスパイ衛星の破壊はまもなくおこなわれるらしい。

「米国、迎撃ミサイルでスパイ衛星撃破を決定」

《「スパイ衛星撃破は米軍の壮大な実験」専門家らの意見》

《スパイ衛星を撃破する迎撃ミサイル『SM-3』:実績とリスク》

実際はヒドラジンの危険は薄く、地上に落ちて機器の情報が漏れることを防ぎたいのが本音らしいとアチコチで書かれている。
まあ、いろいろSM-3は応用が利きますとアピールしたいのかもしれない。


トップページ


posted by kurapat at 10:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
フィードメーター - 倉鉢徹のページ
アスピリンぜん息
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。