倉鉢徹のページ: 世界史
 

2010年03月15日

砂漠の戦争-アラン・ムーアヘッド


アラン・ムーアヘッドの第2次世界大戦ノンフィクション「神々の黄昏」よりも前の北アフリカ戦線を書いたものが「砂漠の戦争」だ。

続きを読む
posted by kurapat at 09:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

マリー・アントワネットの菓子発言は本当か?


らぶでれーしょん体験版の中に「ブリオッシュというパンはマリー・アントワネットの『パンがなければお菓子をたべればいい』発言のお菓子だ」という話が出てきた。

続きを読む
posted by kurapat at 08:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

神々の黄昏-アラン・ムーアヘッド

レマゲン鉄橋をめぐるノンフィクションを発掘。

続きを読む
posted by kurapat at 10:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

新書-カラー版マチュピチュ

シュメルのようなオリエント文化よりずっと時代が下った南アメリカはインカ帝国の本「カラー版 マチュピチュ―天空の聖殿」が出ていた。

続きを読む
posted by kurapat at 08:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

西部戦線の鉄橋-第2次世界大戦

■誰のノンフィクション思い出せないが、映画「レマゲン鉄橋」の元になったエピソードを扱った作品があった。

続きを読む
posted by kurapat at 11:48| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 世界史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

新書-カペー朝―フランス王朝史1-

英仏百年戦争の佐藤賢一氏の学術系新刊は、

続きを読む
posted by kurapat at 09:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

書評-戦闘機―英独航空決戦

■第2次世界大戦は海軍だけでなく陸・空軍も戦っている。

続きを読む
posted by kurapat at 13:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

修道士カドフェル

百年戦争前史として、失地王ジョンの時代よりも前にノルマン朝の継承を巡る戦いが存在した。

続きを読む
posted by kurapat at 13:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

新書-英仏百年戦争-

■古い文章のリサイクル。

英仏の潜水艦接触事故などというものがあったが、かつての英仏間は長い間敵であった。その初期の頃である「百年戦争」の話のまとまった本がある

続きを読む
posted by kurapat at 08:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

昔の日にちの境界

■クリスマスイブがなぜあるかといえば、元々の日付の切り替わりの境界がかつてはユダヤ教では日没だった。24日で日が暮れたときから25日になる。故に、今クリスマスイブと呼ばれる24日の夜は既に25日になっている。

続きを読む
posted by kurapat at 10:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

ムスタン王国

インドのチベット仏教地帯を以前挙げたが、他のヒマラヤのチベット仏教圏といえば、先に書いたインド北西部の「ラダック-Wikipedia」のほかに、ネパールの一部や旧シッキム王国(現インド領シッキム州)・ブータン王国がある。

このうちネパール内部には現国王在位中だけ存続が許されている自治領の王国がある。

「ムスタン王国-Wikipedia」

ここの名は漠然とかつてのNHKヤラセ問題でかすかに覚えていた。

「やらせ-Wikipedia」

NHKのムスタン取材でヤラセ行為があったことを挙げているものの、記事中にヤラセの内容の記述はない。
スタッフに高山病のふりをさせたことを私は覚えている。


トップページ
posted by kurapat at 07:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

モリソンの太平洋海戦史

「モリソンの太平洋海戦史」は、原版は米国海軍の第二次世界大戦史として太平洋と大西洋の両方の戦いに触れているのに、大西洋側は日本人には受けない、という判断の元に出版社が太平洋部分だけの抄訳にして出した本。

続きを読む
posted by kurapat at 09:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

新書-封建制の文明史観-

■何を主張したいのか掴みづらい本が「封建制の文明史観」
「封建制度の『鎌倉御家人』、『ドイツ騎士団』『エジプト奴隷王朝団長群』などだけがモンゴルの侵攻を防げた」と書きつつも、
個々の勝利条件は封建制度に由来するとはとても思えないような書き方。

続きを読む
posted by kurapat at 11:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

2008年05月09日

詳解西部戦線全史

「Google無力-検索ノイズ ラインハルトを越えて-」でチラと触れただけで、キチンととりあげていなかった「詳解西部戦線全史」をようやく読了。

続きを読む
posted by kurapat at 13:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

ブータン総選挙とネパールとかヒマラヤの高原国家

■王制から立憲君主制へ移行する下院である「国民議会」の選挙が始まった。
続きを読む
posted by kurapat at 13:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

モナリザのモデル

「モナリザと新書」で「モナリザ」がダビンチの自画像もどきになっているのでは?と書いたが、「モナリザ」のモデルの新説登場。

《2008/01/15-09:07 「モナリザのモデルは商人の妻」=大学図書館が証拠発見−独》

フィレンツェの豪商の妻とのこと。

しかし、ダビンチは「着手金を貰って、未納とか」やらかしたのだろうか?いずれ、別の新説が登場しても不思議ではない。


トップページ
posted by kurapat at 11:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
フィードメーター - 倉鉢徹のページ
アスピリンぜん息

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。